拉ノ刻 名古屋市中村区

sponsoredlink

拉ノ刻と聞けば、店名だけでも一度は耳にした方も多いと思う。

究極のラーメン2016の鶏白湯部門で見事に2位を獲得した店だ。

開業は2004年、地下鉄東山線で本陣駅から歩いてすぐのところにあるこの店はもともとは好来系のラーメンとして有名な店だ。

今では老舗ラーメン屋の貫禄すらあるこの店を紹介したい。

営業時間 11:30~14:30
18:00~24:00
住所 名古屋市中村区上ノ宮町2-30-1
定休日 日曜日

拉ノ刻アクセス

拉ノ刻店舗外観

ラーメン専門店拉ノ刻は地下鉄東山線の本陣駅から南下し中村日赤駅とのちょうど中間地点にある。

店の前にはラーメン専門店拉ノ刻の垂れ幕と自家製麺との大きな看板が目につく。

拉ノ刻駐車場

拉ノ刻駐車場

拉ノ刻では駐車場も用意されている。車でのアクセスも可能となり、比較的余裕のある駐車場であるといえる。

拉ノ刻メニュー

拉ノ刻メニュー

拉ノ刻のイチオシは好来らーめんだ、好来らーめんらしく松竹梅の豊富なメニューの横に、最近人気の濃厚鶏白湯もレギュラー化している。

気合の新メニューと書かれているだけあって、構想1年じっくりと練られて作られた自慢のスープが売りだ。

恋煮干しラーメン

拉ノ刻ラーメン

ここまで、拉ノ刻は好来系の老舗だの、濃厚な鶏白湯が人気だのと話を振っておきながら、読者の期待を裏切るかのように注文したのはまさかの恋煮干しラーメンだ。

煮干し好きの筆者には券売機に限定おすすめと書かれた煮干しラーメンの魅力に坑がうことができなかったのが本音だ。

拉ノ刻スープ

拉ノ刻の煮干しラーメンは煮干し好きの期待を裏切ることはない淡麗でありながらも濃厚感あるものであった。

煮干しのエグみが丁寧なまでに抽出されており、客をもてなすラーメン、煮干し好きの心がよくわかっている煮干しラーメンと言っても良い。

煮干しラーメン

拉ノ刻のラーメンは丹念に丁寧に客に振る舞うラーメンとよべる。

また、少しラーメン自体の話とは離れるが、拉ノ刻という店名も良い。拉ノ刻、店主のこだわりを感じさせるこの名前はラーメン好きには愛着あるネーミングと呼べよう。

拉ノ刻総評

煮干しラーメンが好きなだけに手厳しい評価になりがちな筆者ではあるが、拉ノ刻の煮干しラーメンは煮干し好きの期待を裏切ることのない丁寧に仕立てられたラーメンと呼べる。

ラーメン好きが名古屋でどこか旨いラーメン屋知らないかと聞かれたら、自信を持ってオススメしてもいい店の一つといえる。

sponsoredlink