らーめんウォーカー東海2015のお得なクーポンを使用して本当に無料なのか試してみる。

sponsoredlink

ラーメンウォーカー東海

ラーメンウォーカーという雑誌の存在を知らないらーめん好きはいないだろう。なぜなら、おそらくどんならーめん屋に行ってもこの雑誌は必ずと言っていいほど置いてあるからだ。

ラーメンウォーカーは新店情報が多くラーメン食べ歩きが好きな者にとっては欠かせない雑誌となっている。

今回も多くの新店情報が目白押しだ。しかし中でも注目の特集がある。それが無料クーポンだ。

ラーメンウォーカー東海2015無料クーポン掲載店

ラーメンウォーカーご試食クーポン

ご試食と称して一杯無料となるクーポンが裏表紙あたりにある。店舗は全部で7店。その7店とはフジヤマ55大須本店、中華そば鶴舞一刻屋、中華そば白壁あおいつけ麺まぜ郎ぎんや和田屋、ばーばら幸田店、麺屋轍豊川店だ。

このクーポンで何でも試食ができるわけではなく、店が指定する一杯となる。いろいろと条件があるが無料でいっぱい食べられるというのならお楽しみというものだ。

記事追加
さっそく無料クーポンを使用してきたそのレポートはこちら

▶▶▶フジヤマ55中区大須にある濃厚つけ麺の店をクーポンで喰う|ナゴログ-名古屋の情報をブロガーが紹介

ラーメンウォーカー東海半額らーめんクーポン

半額らーめんクーポン

また半額らーめんクーポンも付いている。こちらは16店舗分が掲載されている。

掲載されている店は博多ラーメン得道(尾張旭市)、一陽軒(植田西)、まるはち(小牧市)、釜玉屋(内山)、晴レル屋(大府市)、千利休(岐阜市)、だるま家(半田市)、天下一品(栄)、麺屋轍(豊川)、フジヤマ55(大須)、大垣晴れ(大垣)、ぎんや(黒川、中川、砂田橋)、ともや(鈴鹿市)、春爛漫(春日井市)だ。

ラーメンウォーカー東海2015を入手する場所

しかし、一冊648円で一杯無料のクーポンが7枚得られるなんてのは買わない手はないだろう。

本来ならコンビニで売っているのだが、人気のため売り切れている店が多くてなかなか見つからない。でも実はamazonで販売されているから興味がある人には是非おすすめだ。

ところで、実際、無料クーポンというのは本当に一杯無料なのだろうか、いい年したオッサンが一杯無料のクーポンを握りしめてらーめん屋でらーめんを食べるのは周りに不審がられないだろうか。

そんなお茶目な心配も無きにしもあらずなのだが、今度しっかりと無料クーポンを握りしめてラーメンを頂いてくる。

その時はまたこのブログで報告するので乞うご期待。

sponsoredlink