レクサスGSF スポーツセダン試乗レビューさわってみた感想

sponsoredlink

レクサスがスポーツクーペで注目を集めたRCFに続いて、スポーツセダンのGSFが発表された。

東京モーターショーなどでもお披露目されたからクルマ好きなら既に試乗しているかもしれない。

しかし、ここ名古屋で実際に一般人が手に取りさわって試乗できる場所がある。

そう、名古屋駅すぐミッドランドスクエアのトヨタショールームにある。今回は多くのクルマ好きが注目するレクサススポーツセダンGSFを紹介しよう。

レクサスコンセプト

GSFコンセプト

レクサスGSFのコンセプトはスポーツタイプの車の重要な要素となるサウンドとレスポンスと伸び感を大切にした構成のスポーツセダンだ。

GSFエクステリア

GSF外観

低重心フォルムに大型のスピンドルグリル、大型エアダクトなどが魅力的なほど注目を引くシルエットに、レクサスのエンジニアの職人魂が心憎いまで盛り込まれているのがよく分かるものだ。

レクサスGSFヘッドライト

GSFライト

ヘッドライトは重厚ながら野性的なシャープさを備えており、猛獣のような鋭いエロティックな目つきがあると同時に、前衛的でありながらどこかトラディショナルでもある、見るものを魅了する。

レクサスGSFエンブレム

GSFエンブレム

Fシリーズを表すFのエンブレム。このエンブレムが欲しいがためにGSFを購入したい欲望にかられる。

GSFステアリング

GSFハンドル

GSFのステアリングはしっかりとしたホールド感とグリップ感に握るだけでサーキット走行を実感できるようなイマジネーションを髣髴とさせるものだ。

ステアリングもシフトノブも本側が使用されている、使うほどにドライバーにマッチする仕様だ。

車を運転している、いや、操作している、いや、操縦しているという実感をわかせるのに十分な代物だ。

GSFインテリア

GSFスペック

気になるGSFのスペックは以下のとおりだ。

全長:4915mm

全幅:1855mm

全高:1440mm

駆動:FR

エンジン:V型8気筒5.0lエンジン、

そして、価格は

1200万円

クー、手が届かない。

GSF試乗の感想

レクサスのスポーツセダンGSFは高性能機能に加え、野獣的エロティシズムを感じさせるエキサイトなビークルとして仕立てられている。

たしかに、試乗したのは単なる展示車だ。実際に街を走行してみないと実感できないものは山とあることは百も承知だが、これで街を走行した時のイメージは十分に伝わるだけの、ラグジュアリー感を堪能できる。

一度、1200万円の高級車に触れてみたいなら名古屋駅すぐにあるミッドランドスクエアにあるトヨタショールームに行ってみてはいかがだろうか。

ミッドランドスクエア住所:
愛知県名古屋市 中村区名駅4-7-1

sponsoredlink