LX570 レクサスの展示車試乗レビュー

sponsoredlink

1996年にアメリカで販売されて大人気となったLEXUSの高級SUVであるLXが日本でも販売されることになった。

LX570はアメリカで高い評価を受けて人気を博するとともにLEXUSを正式に高級SUVへの足がかりとなった記念すべき車種として地位を築いてきた。

今回はこのLX570が名古屋のミッドランドスクエアで展示されているので紹介したい。

LX570外観

レクサス570

迫力ある重量感あるボディは流石にランドクルーザーのレクサス版と言われるだけある迫力を呈している。

高級感あるそのたたずまいとシルクのようなボディの光沢は見るものを虜にする。

レクサスLX570リア

LX570リア

デザインもさることながら走りも飛躍的に進化を遂げているのが見るだけでわかる。

国内初となる先進機能を誇るトヨタのLexus Safety Systemは安全性にも配慮されている。

簡単に説明するならレーダー探知機脳がミリ波レーダーと単眼カメラにより衝突を回避するシステムとなっている。

道路の白線を認識してアラームを鳴らす機能までありドライバーへの配慮が行き届いている。

本格SUVのレクサスの価格はなんと11,697,680円だ、つまりは約1100万円ってことだ。庶民にはなかなか手の届きにくい価格ではある。

レクサスLX570内装

LX570内装

内装は十分高級感あり、シックで落ち着きがあるものだ。

燃費は6.5キロとそれなりのものではあるが、1100万円で購入する人には気にしないレベルのものといえる。

全長は5メートルを超え、全幅は1980mmとゆったりとしたスペースを確保している。身体にフィットしたすわり心地はホールド感もしっかりとしている。

インテリア、ハンドル、モニター、

インテリアヘッドアップディスプレイ

木目調のハンドルのしっくりとした高級感とは対照的に12.3インチあるワイドモニターも存在感を表している。

モダンとクラシックの融和が絶妙といえる。

LX570スペック

LX570スペック説明

LX570は全長5065mm全幅1980mm全高1910mm乗車定員8名とランクル譲りの迫力をそのまま受け継いでいながら、高級感が半端ない。

こんな車に乗って街を走ったら注目集めることは間違い無しといえる。

SUV乗りなら一度は購入したい高級SUV、LEXUSLX570、ハンドルの重量感とホールド感を味わいたいならミッドランドスクエアに行ってみるのも悪く無い。

sponsoredlink