名古屋 まぜそば 美味い隠れた名店はここだ!

sponsoredlink

名古屋発祥の台湾まぜそばが全国で大人気になってからというもの、名古屋のまぜそばのレベルの高さに全国で注目が集まっている。

まぜそば激戦地名古屋では、まぜそばの名店の熱い戦いが繰り広げられている。

今回は地元ブロガー代表としてなごやのまぜそばの名店を紹介していこう。

名古屋のまぜそばの名店ならここだ!

麺屋はなび

麺屋はなび営業情報

まずはどの店よりも最初に紹介すべきは麺屋はなびの台湾まぜそばだ。

ご存知台湾まぜそばで全国を轟かせ、名古屋発祥の名物にまで仕立てあげた功績は大きい。

▶▶▶麺屋はなび中川区にある元祖台湾まぜそばと行列の待ち時間情報など|名古屋美味巡礼-名古屋の情報をブロガーが紹介

丸和名駅西口店

汁なし台湾まぜそば

今や名古屋名物の台湾まぜそばを名古屋駅で食べたいのなら、丸和の名駅西口店がもってこいだろう。

名古屋で旨いつけ麺で有名な丸和が名古屋駅からすぐ近くで食べられる幸せ。

遠方から名古屋へ来て、台湾まぜそばを一度食べてみたい人は名古屋駅近辺で食べられる丸和がおすすめだ。

▶▶▶つけ麺丸和名駅西口店汁なし台湾まぜそば|名古屋美味巡礼

釜玉屋

釜玉屋千種区

名古屋発祥と言って忘れてはならないのが釜玉屋の釜玉ラーメンだ。名古屋めし総選挙でグランプリを受賞している。

ちなみに麺屋はなびは準グランプリだ。

まぜそばの店の紹介で釜玉ラーメン?と思うかもしれないがよく見て欲しい、釜玉ラーメンは汁がなくて混ぜて食べるのだ。

釜玉ラーメンは名古屋発祥の名古屋めしとして河村市長のお墨付きを頂いているまぜそばだ。

詳細は以下の記事に書かれてある。

▶▶▶釜玉屋名古屋市千種区車道駅近くの名古屋コーチンを使用した釜玉ラーメン発祥の店|名古屋美味巡礼-名古屋の情報をブロガーが紹介

まぜそばてっぺん

麺屋はなびで修行した店主が開店した店としても知られるてっぺんもまぜそばの旨い店として評判だ。

北区を本店として天白区や春日井などに支店を持つ人気店になった実力はダテではない。

てっぺん住所:名古屋市北区金城町4-41-6

まぜ郎ぎんや

まぜ郎ぎんや

まぜ郎ぎんやのまぜそばは今回紹介する中で唯一二郎系のまぜそばと呼んでも良い。

つけ麺ストロングで有名なぎんやが提供するドデカイチャーシューのまぜそばだ。

ぎんやの支店、まぜ郎ぎんやは名古屋のど真ん中、栄にある。

▶▶▶まぜ郎ぎんや栄店名古屋市中区|名古屋美味巡礼名古屋の情報をブロガーが紹介

肉そばなおじ

肉そばなおじの営業アクセス情報

肉そばなおじは店名に肉そばとつくだけあって、まぜそば専門店とは言いがたいものがある。

しかし、東別院にある喜多楽の店主の店と言えばらーめん好きなら食べない訳にはいかないだろう。

肉そばなおじでは台湾まぜそばがいただける。

▶▶▶肉そばなおじ中区大須にある喜多楽の店主の名前が冠せられた店で台湾まぜそばを食らう|名古屋美味巡礼-名古屋の情報をブロガーが紹介

 麺喰

麺喰尾張旭情報

名古屋市郊外からもまぜそばのうまい店を紹介しよう。まずは麺喰。

麺喰は関市にある名店白神の元店主が尾張旭市に開店したつけ麺まぜそばの店だ。

白神から取り寄せる自家製麺で作られるまぜそばは一度食らってみる価値がある代物だ。

▶▶▶麺喰尾張旭市にある白神の元店長のつけ麺まぜそばの店|名古屋美味巡礼-名古屋の情報をブロガーが紹介

まぜそば小島屋

まぜそば小島屋

春日井市にあるまぜそば小島屋は完全にまぜそば専門店だ。

まぜそば一本で勝負するまぜそば専門店だからこそ出せる深いあじわいというものがある。

まぜそばにかけた店主の熱い思いのこもったまぜそばを頂きたいなら春日井まで足を運ぶ価値のあるまぜそばだ。

麺は浅草開化楼と共同開発した特製麺だとのこと。

名古屋のまぜそば総評

台湾まぜそば以来、全国のらーめん好きは名古屋の独特の名古屋めし文化を見逃せなくなっている。

そして、名古屋には台湾まぜそばだけではないってことを見せつけようと多くの店がしのぎを削っている。

名古屋めしのポテンシャルはこんなものではない。名古屋のまぜそばブームはまだまだこれからだ。

そんな印象を与えることができる名古屋のまぜそばの名店をこれからも紹介していきたい。

sponsoredlink