カナヤマ55-名古屋市熱田区にある55系らーめん

sponsoredlink

ラーメン屋の店の名前に「55」と付いたらラーメン好きならすぐわかる、金山にある55の店を紹介しよう。

極太麺と野菜の大盛り濃厚スープで二郎系とも言われて親しまれている店だ。

名古屋市熱田区金山町1-4-1

カナヤマ55のお店情報

カナヤマ55外観

金山駅から歩いて3分位のところにあるつけ麺屋主体の店だ、金山駅南口スターバックスの向かいにある。つけ麺の大きな看板が目印だ。

カナヤマ55メニュー

カナヤマ55のメニューはつけ麺魚介つけ麺、牛ホルモンつけ麺とつけ麺主体だ。ラーメンも人気だ。

カナヤマ55カウンター席

座席はすべてカウンターが1列に並ぶタイプだ。ちょっと狭いがこの狭さを愛するラーメン愛好家もいる。

カウンターにはIHの保温器がおいてある。これでつけ麺を食べている時につけ汁が冷めたら温め直す。

カナヤマ55のらーめん

カナヤマ55のらーめん

ラーメン好きの人にはすぐにわかると思うが、見た目はいわゆる二郎系と呼ばれるマシマシタイプのラーメン大盛りがっつり系だ。なかなか女性は注文しないタイプのラーメンだったが、今ではそんなこともない女性もしっかりがっつり系を楽しんでいるようだ。

チャーシュー

チャーシューは平ペタく面積的に大きいが厚みがないので歯ごたえも食べごたえもない。良く言えば柔らかく食べやすいタイプの肉だ。

野菜

野菜はキャベツとモヤシがふんだんに盛られている。このビジュアルからこのラーメンを二郎系と呼んでくれと訴えているのが聞こえてくる。

カナヤマ55のらーめん総評

カナヤマ55らーめん

麺が見かけ倒しではなくしっかりしている林製麺の麺だ、ちょっと甘目のスープとうまくからんでしっかり食べごたえがある。

もう少しチャーシューにこだわりを見せてがっつり肉太のチャーシューにすれば筋が通っているが、ビジュアルで上品さも取り入れて無難にまとめたのだろう。

金山駅という立地も考えてのことで正解だったのかもしれない。客の行列がそれを語っている。

 

sponsoredlink