藤味亭-名古屋東別院の好来系らーめん

sponsoredlink

藤味亭アクセス

名古屋市中区東別院駅から歩いて10分位のところに好来系で旨いらーめん屋がある。藤味亭がその店だ。

藤味亭の店の外観

藤味亭外観

東別院駅のある前津通や山王通りから一本入った見つけにくいところに藤味亭はある。

らーめん屋の外観といえば、少しでも客にみつけてもらうために派手なものが多い中、藤味亭は本当にらーめん屋なのかどうか前を通っただけではわかりにくいたたずまいだ。

藤味亭駐車場案内

藤味亭は地元の人でないと地図なしではなかなか見つけにくい場所にある、しかし駐車場は確保されている。車での来店も可能だ。

店の表の看板には秘法和漢根菜汁と書かれていてその横に自家製チャーシューとメンマの店とある。

見落としがちだがこのようにちょっと手の込んだ看板があるということは店主はそれをよく味わって欲しいと客にアピールしているのだ。

それを見過ごしてはらーめん好きとはいえない。

らーめん650円大盛り100円

好来系らーめん

一見しただけでわかる、黄金色に透き通った根菜のいい色が出ているスープだ。上にのせられているメンマも美しい。

思わずこの黄金色したスープを飲み干したくなる印象を否めない。しかし、それこそ秘法の魔力と言って良い。健康のためにはスープの完飲は我慢のしどころだ。

藤味亭チャーシュー

このチャーシューもまた格別だ。柔らかく仕込まれたチャーシューが黄金色のスープに溶け込みなんとも言えない豚の旨味を引き立たせる。

藤味亭の麺

藤味亭の麺はやや中太でもちもちっとしているのが特徴だ。スープとのカラミも悪くない。麺を他のバリエーションで楽しめるようにするのも悪く無いと思う。

藤味亭らーめんの総評

藤味亭らーめんレビュー

らーめん好きにとっては東別院といえば名古屋のラーメン界のトップクラスである喜多楽が有名だ。

しかし、その喜多楽に寄らずに藤味亭まで足を運ぶのはなぜか、その理由が今回判明した。こん奥の深い好来系のスープはさすが秘法和漢根菜汁と名付けられているだけのことはある。

秘法和漢根菜汁などと書くと筆者の年齢だと北斗の拳を思い出すのだが、北斗の拳でたとえるなら、喜多楽のような王道のらーめんを北斗神拳とするなら、藤味亭のらーめんは南斗水鳥拳といった華麗な味を見せてくれる。

そう考えると、なるほど、藤味亭には根強い支持者がいるのもうなづけるものだ。

sponsoredlink