天下一品のこってりラーメンは一番人気メニュー

sponsoredlink

京都発祥の鶏ガラスープを使った人気こってりラーメンがある。

昭和46年創業で全国に店舗を持ちハワイにまで進出した天下一品がその店だ。

ラーメン好きなら天下一品のラーメンを食したことがないものはいないと言われるそのラーメンの人気の秘密に迫ってみたい。

天下一品店舗外観

天下一品店舗外観

天下一品栄店の外観だ。赤い丸に一の文字がトレードマークだ。

天下一品店内の様子

天下一品店内

店内はカウンター席とテーブル席が用意されているが、カウンター席は少なめでテーブル席がメインだ。

一人で来るラヲタ系をターゲットとするのではなく、家族や仲間連れをターゲットとしているのであろう。

天下一品のサービストッピング

天下一品トッピング

天下一品ではサービスでネギなどのトッピングが盛り放題なのだ。

ネギや紅しょうが、ニラ、キャベツ、もやしキムチなどどれをとってもなかなかのジャンクトッピングで捨てがたく、好きな人にはたまらないものだ。

天下一品のメニュー

天下一品メニュー

天下一品のメニューを見てみよう。一番人気は天下一品のメインとも言えるこってりのラーメンだ。

こってりを基本として、屋台の味やピリ辛などが用意され、こってりが嫌いな人にはあっさりらーめんもある。

こってり並740円

天下一品こってりラーメン

天下一品のこってりラーメンの外観はもうラーメン好きにはおなじみのものだろう。

天下一品のロゴが3方に描かれている。何度も洗浄されたためにかすれているのは天下一品の器の常態とも言える。

天下一品こってりスープ

鶏ガラをじっくりと煮込んだスープはさすがに全国展開する人気店だけ有り万人受けするクリーミーなものに仕上げられている。

この鶏ガラこってりスープを臭いと感じる者もいるかもしれないがその臭みの感覚が旨味に感じるに至るにはそれほどハードルが高いものでもない。

天下一品麺

麺はジャンクラーメンにふさわしく風味もなければコシもない、いい感じでジャンクラーメンの王道を行っている。

天下一品チャーシュー

チャーシューもいい感じでチープさを醸し出している。

極めてウマイというわけでもなく、だからといっておざなりにトッピングされているのでもなく、微妙に納得させつつコストを抑えてギリギリでありながらソコソコのチャーシューを提供している。

天下一品ラーメン総評

天下一品は昭和46年創業で現在では全国に230店舗展開している人気ラーメン店だ。

その人気を名古屋で人気のラーメンチェーン店スガキヤと比較してみるとスガキヤは天下一品の値段の半額程度のラーメンであるがなかなか名古屋以外のラーメン好きには受け入れられず全国展開に苦心している。

その一方で天下一品は全国的に支持されている。

なぜこれほどまでに大差がついたのか、その答えはラーメンオタクがそれぞれ思いつくものがあるだろう。

sponsoredlink