麺舗作一 中区千代田鶴舞駅近くのラーメン屋

sponsoredlink

作一中区千代田

化学調味料を一切使用しない鶏白湯ラーメンがいただける店が鶴舞近くにオープンしたとの話は以前から聞いていた。

今回は鶴舞駅から歩いて10分2014年9月にオープンしたばかりの作一にうかがった。

作一外観

作一住所

作一は中区千代田3丁目32番地2鶴舞駅から大須通りを真っ直ぐ行き千代田通りで左折してすぐだ。

作一外観

作一の外観だ。鶏白湯淡玉ラーメンと書かれている横になぜだか玉ねぎの絵がある。

どうやら、玉ねぎは淡路島産完熟たまねぎを使用しており素材にもこだわる店をアピールしてのことらしい。

作一の店自体は新店らしくとても清潔で好感が持てる。

作一メニュー

作一メニュー

作一のメニューだ。ちょっと嬉しいのは麺大盛りが無料ってところだ。

看板メニューは鶏白湯淡玉らーめん750円とのこと。そのほかしお淡玉SOBA650円しょうゆ淡玉SOBA650円等がある。

ど煮干し鶏白湯淡玉らーめん750円

ど煮干し鶏白湯らーめん

ど煮干し鶏白湯750円をいただくことにした。煮干し好きにとってはど煮干しの文字の誘惑に坑がえなかった。

しかし、これが失敗の始まりだった。注文をしてラーメンが届いてみて驚いた。

ラーメンの中央をよく見てほしい、小さな煮干しが突っ立っている。

この突っ立てられた煮干しを見た時の気持ちをなんと表現したらよいか。

スープ

スープは煮干しをふんだんに使われているのか少し黒ずんで見える。

鶏白湯の味と煮干しの味が調和しておらず、どちらの旨味も殺されている印象だ。

麺

麺は細麺でそれなりの歯ごたえもあるものだが、ただスープと絡まない。

もともと無化学調味料のスープで淡目の味であるスープがうまく絡まなず、なんとももどかしい気持ちがしないでもない。

チャーシュー

チャーシューはそれなりに旨いが全体のがっかり感から考えれば取り立てて強調するべきものでもない。

作一総評

筆者はこの日、作一にうかがうのは初めてであった。

そのようなばあい、本来なら看板メニューのノーマルな鶏白湯ラーメンを頂くのが筋だろう。

しかし、煮干しの文字に釣られ、しかも一日の数量が限定されているとなれば、こちらのメニューに目が行くのは避けられなかった。

店主はとても気さくでラーメンに対する情熱も熱いものがあるのを感じる方だ。

看板メニューの鶏白湯淡玉らーめんはきっとうまいに違いない。

ど煮干しの感覚がちょっと筆者の好みと違うものだった、それだけだ。

sponsoredlink