大戸屋名古屋栄店ごはん処のメニューを紹介しよう

sponsoredlink

大戸屋ごはん処は1958年に東京豊島区で創業し今ではお手頃な値段で定食が食べられるとして全国で人気のチェーン店だ。

名古屋市内では5店舗ある。

  • 名古屋市西区香呑町6-49-1イオンタウン名西2F
  • 名古屋市緑区鳴子町4丁目1-2
  • 名古屋市千種区今池1-30-6 デリクスエア今池1F
  • 名古屋市中区栄3-4-15鏡栄ビルB1
  • 名古屋市中区栄2-9-26ポーラ名古屋ビル B1F

今日は手頃に食べられる定食屋大戸屋ごはん処を紹介しよう。

営業時間 10時~22時
定休日 無休
最寄り駅 栄駅より徒歩2分

大戸屋ごはん処アクセス

大戸屋名古屋栄店

大戸屋名古屋栄店は広小路通と大津通りの交差点から30メートル南下してすぐにある。メルサビルの横地下1階にある。

大戸屋外観

階段を降りて隣は金のパスタで突き当りが大戸屋だ。店内はカウンター席とテーブル席が豊富に用意されていて清潔感も有り広々としている。

大戸屋メニュー

大戸屋メニュー

大戸屋では和を中心とした定食を楽しめる。

黒酢の定食や鶏を使った定食、魚の定食からのバリエーションがかなりあり選択は豊富だ。

四元豚のロースカツ定食895円

大戸屋名古屋栄店

4元豚のロースカツ定食を注文した。

4元豚とは三元豚にチェスターホワイトという柔らかい肉質を掛けあわせて作られた豚だ。

四元豚ロースカツ

ロースカツは塩が用意されている、とんかつソースはもともとテーブルの上に用意されているが、塩のほうが美味い。

ご飯は大盛りを無料で選択でき、白米か五穀米かを選択できる。当然五穀米をいただくことにした。

大戸屋ロースカツ

肉質は柔らかく厚みもそれなりに満足のものがいただける。

揚げられたコロモも厚みがあり油ぎっているがなんとか許容範囲のものと言える。

揚げる技術、使用される肉質など値段にマッチしたぎりぎりの品質で納得の行くものがいただける。

大戸屋ごはん処名古屋栄店総評

名古屋栄のど真ん中にメルサビルの横にありながらこれだけ手頃で満足の行く和の定食を取り揃えてある大戸屋はとても使い勝手が良い。

またメニューも豊富で魚料理から煮物料理まであるので健康を気にする人にも重宝するに違いない。

ランチから通し営業だから栄で定食が食いたい気分の時には頼りになる存在だ。

sponsoredlink