博多もつ鍋やまや 名古屋栄店 明太子食べ放題のランチ

sponsoredlink

明太子をたらふく食いたい。白いご飯の上に明太子を乗せて食べるのが大好物だ。

そんな人にピッタリの店が名古屋の栄にある。

博多もつ鍋やまやのランチメニューだ。今日は博多明太子がランチタイムに食べ放題になるやまやを紹介する。

営業時間 昼:11時~14時
夜:17時〜23時
定休日 正月のみ
最寄り駅

博多もつ鍋やまやのアクセス方法

セントライズ栄

明太子食べ放題のやまやは地下鉄栄駅を下車し、メルサ栄本店の裏手にあるセントライズ栄の地下1階にある。

セントライズ栄の1階にはソニーストアがあると言ったほうがわかりやすいか。

やまや看板

セントライズ栄の地下飲食街の看板だ。山本屋本店、みそかつの矢場とんなど、そうそうたる名古屋めしの代表と一緒に博多もつ鍋屋がある。

やまや行列

矢場とんや山本屋本店があるにもかかわらず博多もつ鍋やまやはランチタイムには店外まで行列になっている。

やまやランチタイム看板

店の前にはランチタイム限定の看板が、定食は5種類、豚しょうが焼き定食や、メンチカツ定食、鶏唐揚げ定食などが全て1000円となっている。

そして注目すべきは、やまやの自慢の辛子明太子、高菜、ご飯が食べ放題だ。

やまや店内販売

ランチタイムの行列は店外まで伸びているが待ち時間はおおよそ20分くらいだ。

その行列の人目当てに陳列するかのように店内でも物販が行われている。

 やまやメニュー

やまやメニュー

やまやのメニューだ、先ほど紹介したものプラス博多郷土料理の筑前煮定食屋日替わり定食の北海道産のさんまなど和を中心とした嬉しいラインナップが取り揃えられている。

やまやの明太子

やまやの明太子

テーブルの上にはすでに明太子の入った小皿が用意されている。

明太子をいちいち注文するのでなく、吉野家の牛丼についてくる紅しょうがのような感覚で明太子がすでにテーブルの上に置かれているのだ。

鶏の唐揚げ定食1000円

鶏の唐揚げ定食

鶏の唐揚げ定食だ。頭の中は白いご飯に明太子を乗せて食べたいだけ食べることばかりを想像していたために、鶏の唐揚げは添え物程度にしか感じられないのは筆者だけだろうか。

鶏の唐揚げ

鶏の唐揚げの揚げ方には問題ない、しかし、いかんとも使用されている肉が厚みも弾力もなく残念なものだ。

噛むごとに養鶏場で育てられてやせ細ったブロイラーが大量生産されている光景が脳裏に浮かぶ。

明太子食べ放題

明太子食べ放題

お待ちかね、明太子を白い熱々のご飯の上に乗せた図だ。

このワンショットが撮りたくてやまやに赴いたと言っても過言ではない。

明太子詳細

もっと明太子を拡大してみてみたい。

熱々の食べ放題の白飯に明太子を思う存分乗せてがっつり食べる。

明太子好きにはたまらないものがあるだろう。ご飯をかき混ぜてピンク色に染めるもよし、そのままの大振り明太子を頬張るもよし。

とにかく食べ放題の明太子を好きなだけ食べられるのだ。

博多もつ鍋やまやの明太子食べ放題総評

個人的には、鶏のからあげなどどこでも食べられるものをメインにするのではなく、もっと明太子にバリエーションをつけて、明太子をメインにしてもらったら嬉しいのにと思った。

しかし、明太子が食べ放題とあるとそれだけではやはりシンプルすぎてマニア受けするだけになってしまうのだろう。

鳥の唐揚げがメインの添え物としての明太子が思う存分食べられるのだから何をか文句があろうか。

 

sponsoredlink