スシローのおすすめネタと隠れた裏メニューはこれだ

sponsoredlink

スシローという店は今さら説明の必要もない、一皿100円均一で提供する回転寿司の店だ。

全国展開するファミリー向け回転寿司チェーン店だけあってスシローのネタはネットの中でアチラコチラで見かけることができる。

そのため今回はスシローのあまり一般の人には好まれないネタを中心に遊んでみたい。

スシロー人気ネタと不人気だけどお勧めネタ

ハマチ

ハマチ

スシローの人気ネタといえば、マグロにハマチにエンガワと定番のものだ。

エンガワ

エンガワ

画像は上がハマチ下がエンガワ、回転寿司を経験ない人はこのハマチとエンガワはマストアイテムといえよう。

中トロ180円

スシロー寿司

マグロが好きな人には中トロなどはどうだろうか。

マグロは2貫で100円だが中トロになると1貫180円となる2貫に換算すると360円だからなかなかのものだ。

炙りまぐろゼリーポン酢

あぶりまぐろゼリーポン酢

また、普通のマグロに飽きたなら炙りまぐろゼリーポン酢などもおすすめだ。

軽く炙ってあるだけに生臭さが抑えられポン酢ジュレと塩コショウがいい塩梅で締めている。

ネギマグロ軍艦

ネギマグロ軍艦

ネギマグロなんかも根強い人気のあるネタである。

鰹ユッケ

鰹ユッケ

鰹ユッケなんかはあまり人気のなるネタとはいえないが隠しネタ的扱いを受けている。

煮豚味玉

変わりネタ的には煮豚たまごも捨てがたい。軍艦モノで一口で食べられるのが心地よい。

海老フライアボガドロール

エビフライアボガドロール

海老フライアボガドロールは海老フライと玉子とアボガドとトビッコを一度に味わえるからとてもお得感あるネタとして人気がある。

炙り上穴子180円

炙り上穴子

炙り上穴子は180円モノだが、180円ものの中ではそれほどお得感はない。

180円ものの中で一番おすすめするのが次に紹介する北海道産いくらだ。

北海道産いくら180円

北海道産いくら

北海道産いくらは100円均一の回転寿司にしては新鮮で味のあるいくらを楽しめる。コレは買いだ。

味変に甘ダレ

甘ダレ

寿司に飽きたら甘ダレを使用するのもスシローファンには多い食べ方だ。

ラーメンで言うなら酢を入れるみたいなものと言ったら言い過ぎだろうか。

海老天にぎり

えび天にぎり

海老天にぎりなんかは甘ダレが最も合うといえる。

海老天握り甘ダレ

海老天握りに甘ダレをかけた図、甘ダレは味が濃い目だから注意が必要だ。

エビアボガド

エビアボガド

エビアボガドなんかも大変人気のあるネタであるが、裏技的に甘ダレをかけてみるのも悪くないものだ。

焼豚ネギまみれ

焼豚ネギまみれ

焼豚ネギまみれなんかは既に甘ダレがかかっているが、牛丼のツユダクなら甘ダクなる裏技的にかけてみるのも面白い。

生ハム

生ハム

筆者は調子に乗って生ハムにまで甘ダレをかけてしまったのだが、残念ながら生ハムは生ハム自体に塩分があるため甘ダレを過剰塩分摂取となるのでおすすめしない。

鉄火巻き

以前回転寿司の業界の裏を知り尽くしているプロが業界の裏を暴く的な記事があった。

その中で回転寿司が良いネタを使用しているかどうかは鉄火巻きのマグロを調べたら良いとのことが書かれていた。

そこで最後になったがスシローの鉄火巻きをここで紹介しておこう。断面図をしっかりと凝視して欲しい。

スシローの鉄火は如何様であるか。判断は読者諸氏に任せるとして今回のスシローネタ大研究を締めくくることにしよう。

sponsoredlink