豆天狗 名古屋金山店 金山でつけ麺を食す

sponsoredlink

金山駅にあるつけ麺屋豆天狗は飛騨高山の中華そばの老舗が名古屋でつけ麺専門店として出店した店だ。

豆天狗は金山でつけ麺を食べる時、線路を隔てて丸和にするか豆天狗にするかと2大勢力となっている。

今回はそんなつけ麺専門店の豆天狗を紹介しよう。

豆天狗金山店店舗外観

豆天狗金山店

豆天狗はJR金山駅からアスナル金山方面へと向かい日本特殊陶業市民会館の裏手にある。

店の看板は白地に黒文字でつけ麺らーめん豆天狗といたって質素だ。

豆天狗メニュー

豆天狗メニュー

豆天狗のメニューは2種類、つけ麺は並み盛りと中盛りが1.5玉と2玉で同じ750円だ。てんこ盛りは3玉となって850円となっている。

またつけ麺以外にも和風ラーメンも取り揃えてある。

つけ麺中盛り2玉750円

豆天狗つけ麺

豆天狗つけ麺中盛り750円を注文した。

豆天狗つけ麺

スープは醤油を基本とした動物系と魚介系のダブル出汁ベースで一口すすると柚子の香りが強烈に感じられる。

つけ汁の中には炭火で焼いたチャーシューと太いメンマがゴロゴロ入っている。

豆天狗麺

麺は平打ちの太麺、もっちりしていて弾力があり噛みごたえのあるシロモノだ。

小麦が香り、つけ汁との相性も悪くない。

豆天狗チャーシュー

チャーシューは一口大に刻まれた物が入っている。炭火で焼かれた豚肉は香ばしく食べ応えある。

メンマは太くて噛みごたえのあるものが入っており、極太メンマ好きを魅了するものだ。

豆天狗金山店総評

金山駅でつけ麺が食べたいとなったら北の豆天狗、南の丸和尾頭橋店と言われるのもうなずける。

豆天狗は丸和と違いマタオマ系と呼ばれる単なる濃厚魚介豚骨つけ麺ではない。

オリジナリティあるつけ麺を提供してくれる。

その味は誰もが期待してどこの店でもありそうでありながら、意外とどの店も提供していないオーソドックスな醤油ベースの動物系と魚介系のダブル出汁柚子風味である。

金山でつけ麺が食べたくなったら一度試してみても悪くない。

ちなみにつけ麺丸和に関する記事は以下を参照いただきたい。

▶▶▶つけ麺丸和春田本店-名古屋市中川区春田のマタオマ系濃厚魚介つけ麺|名古屋の情報をブロガーが紹介

sponsoredlink