ポール・ボキューズのランチJR名古屋タカシマヤでフレンチを堪能

sponsoredlink

正統派本格フレンチを楽しみたいのなら、名古屋に数多くあるフレンチの店の中でもポール・ボキューズははずせないものだろう。

美食文化フランスから上質のフレンチをいただけるJR名古屋タカシマヤ内にあるフレンチの店ポール・ボキューズのランチを紹介しよう。

営業時間 【土日祝】
11:00~23:00【平日】
11:00~15:00
17:30~23:00
定休日 無し
最寄り駅 名古屋駅、JR名古屋タカシマヤ

ポール・ボキューズ外観

ポール・ボキューズ外観

ポール・ボキューズはJR名古屋タカシマヤ12階にあるレストラン街のほぼ中央にある。

ポール・ボキューズ店内の様子

ポール・ボキューズ店内

ポール・ボキューズ店内は広々としていて落ち着いた雰囲気があり、フレンチを楽しめる空間を醸し出している。

客席数はテーブル席のみでおそらく100席以上、しかし、ランチタイムとなるとほぼ満席状態だ。

ポール・ボキューズメニュー

ポール・ボキューズメニュー

メニューは平日限定のランチセットが1800円でメインディッシュは太刀魚のポワレとなっている。

本日のコースでは仔牛のエスカロップヴィエノワーズ風がメインディッシュとして用意されている。

本日のコースと平日限定ランチコースをそれぞれ注文した。

ポール・ボキューズランチ

リエット

最初にリエットとバケットが提供される。

リエットは鶏肉を使用しているとのこと、あっさりと淡白な味わいでバケットにもよくあうものだ。

バケット

バケットも程よい硬さでオリーブオイルを付けていただく。

これからいただくメインディッシュが待ち遠しくなる。

冷たいジャガイモのスープ

次にスープが提供される。

冷たいジャガイモのスープはシェリー酒をゼリー状にしたものとともに上品な味わいを呈している。

仔牛のエスカロップ

こちらが本日のコースメニューのメインディッシュ仔牛のエスカロップヴィエノワーズ風だ。

ケッパーとトマトのプールノワゼットソースが味を引き立てる。

仔牛肉

エスカロップとはカツレツ風にソテーしたものである。

仔牛肉を使用されているのだが、それほど柔らかいものでもなく、ランチ用にかなり薄切りであるのがわかる。

ポール・ボキューズ魚料理

こちらが太刀魚のポワレだ。

香草が上に添えられていてバルサミコソースとマッチして味わい深いものがある。

デザート

デザートはガトーショコラをいただいた。

アメリカンチェリーのソースに、バニラアイスが添えられている。

ポール・ボキューズまとめ

ポール・ボキューズはフランスのリヨン近郊にあるフレンチの老舗だ。

日本でも人気になり、銀座をはじめ東京ミッドタウンなど数多くのお弟子さんたちの支店がある。

ここ名古屋ではJR名古屋タカシマヤの店でいただけるので本格フレンチを堪能したい人はうかがってみてはいかがだろうか。

sponsoredlink